日本語

Izvor: Neciklopedija
Idi na: navigacija, traži

Japanski jezik(にほんご)とは、主に日本で使用される言語である。大きく分けて、第二次世界大戦以前に使用されていた古代日本語と、現在使用されている現代日本語が存在する。

なお、この文章を訳した人に一言。「お疲れ様。世界中に変人は存在する

概要[uredi]

なお、この文章のほとんどはアンサイクロペディア日本語版からのコピーである。

古代日本語[uredi]

古代日本語とは、正しくは和文(やまとぶみ)と言ふ也。日出づる國に於ひて、古より使われし、眞なる日本語である。去れど、アメリカによる植民地政策に因つて、嘆かわしき事に現在では既に絶滅して、死語となつてゐる。

現代日本語[uredi]

中国と米国が日本を強姦し、植民地化した挙句に生まれた言語が現代日本語である。名前だけは「日本語」であるが、実際には中国語と英語が混ざった言語であり、もはや日本語ではない。法律・政治・学術分野では中国語の、科学技術および文化の分野では英語による侵略が著しい。

また、ローマ字表記の日本語はヘッポコで、3種の文字を使いこなした日本語は激ムズといわれている。中国語は日本語の代弁者の一人であり、日本語の全ての語彙は漢字変換できるため決して日本語を当て字で表記することはないのである。

日本は公用語を定めていないが、この言語が事実上の公用語として使われている。また、Engrishという英語もどきの使用も盛んである。

歴史[uredi]

古代日本語の滅亡[uredi]

かつての古代日本語は日本列島全土で使用されていた。しかし、常に新しいものを取り入れ続ける日本人の悪い癖の結果、中国から導入された漢字を使用した影響力は時代とともに失われ、カタカナやひらがなといった日本独自の言葉を使用する形で発展していった。その中で、漢語が一音節から二音節となったり(例:角=kak→kaku)、中国の王朝の変化によって、導入される言葉が変遷したりと、受け入れる側の日本語は乱れるのが当たり前であった。

美しい日本語復活の動き[uredi]

近年、「国立国語研究所」なる組織が、「「外来語」言い換え提案」なるものを発表し、正しい日本語を復活させるためにカタカナ語を追放しようと提起した。しかしやってる事は、英語を中国語に置き換えただけであり、日本語の復活ではない。この研究所は、問題の本質を全く理解していないように思える。

結局の所、グローバリズムこそが世界の潮流であり、今ある日本語も含めて、昔からの日本語の死滅は避けられない。そこで、開き直った一部の日本人の間では、自ら積極的に日本語を破壊し、外国語を受容しようとする動きが見られる。

新しい日本語[uredi]

現代日本語は日本の首都Tokyoの中心地であるAkihabaraを中心に発明されたものが多い。特に、オタクと呼ばれる人々の間で使われていた専門用語が関東全域に広がった結果、現在、日本語として認められている新しい言葉となるという経緯は、そのまま日本語が形成された歴史と被る。このことが意味するのは、現代日本語も過去の日本語も常に新しいものを導入する際に日本独自のものとして形成され、その新しいものを残す段階で日本語として認められ、その結果、100年以上、1000年以上経ても日本語として残るという、他の国ではなかなか見られない言葉の歴史がある。

I ko kaže da smo mi onda neoriginalni'Vidiš da ne kopiramo sa srpske hrvatske enciklopedoje,već sa japanske!Haj' ti to skontaj!

関連項目[uredi]